むくみやだるさは病気のサイン|下肢静脈瘤の悪化を治療で防ぐ

微笑むナース

女性に起きやすい体の異変

女性医師

下肢静脈瘤は下肢すなわちヒザ下から足首にかけての部分にある静脈がうっ血し、膨れ上がる症状です。妊娠・出産を経験した女性に発症例が多いことで知られています。放置すると足がつりやすくなるなどのトラブルの原因となるため、早期の治療が推奨されています。

詳細へ

足の血管の病気

脚を触る女性

むくみやだるさが現れます

下肢静脈瘤は、日頃立ち仕事やデスクワークなどをする方に多く見られる足の血管の病気です。足の静脈に瘤が出来てしまうこの下肢静脈瘤になると、概して足のむくみやだるさが現れてきます。同じ姿勢を続けることで悪化することが多く、軽症のうちに生活改善をすることが大切です。下肢静脈瘤は特に女性に多い傾向があります。現在のところ、下肢静脈瘤の治療ではいくつかの方法を選ぶことが出来ます。例えば比較的簡単な治療法として挙げられるのが、薬剤を注入して血管を固めてしまう硬化療法です。比較的軽度であればこのような治療が適用となります。進行している場合は、血管を縛る治療や問題の血管を引き抜くストリッピング手術が適用です。また、最近ではレーザーによる治療も登場しています。

低侵襲療法が好まれます

下肢静脈瘤の治療においても昨今人気があるのが、レーザーや高周波を用いた血管内治療です。このような治療では、血管内に直接機器を挿入して問題の部分を焼いてしまいます。ピンポイントで治療が出来ることから、負担が少なく作用も確実です。血管を引き抜く必要もなく、回復も早まります。外来で行える点も、この手の方法が人気を集めている一つの理由です。足は、日常生活を送る上でも重要な部分です。ですので、回復の早い低侵襲性治療は多くの方から好評を得ています。医療機関でもこのような方法を取り入れるところが増えており、下肢静脈瘤の改善を目指す場合にとっては有力な選択肢です。健康保険も適用されており、費用も最小限に抑えられます。

意外と知らない足の病気

医者

下肢静脈瘤は現代病とも言える非常に身近な病気です。立ち仕事中に足が疲れるのは長時間立っていて、体重によって疲れただけではなく、静脈のポンプが疲れてストレスを感じてきているサインを出しているのかも知れません。ふくらはぎに違和感があれば、すぐに治療を受けましょう。

詳細へ

血管障害について考えます

脚

身体各部に血液を運搬するための導管である血管に支障があると、身体機能に悪影響が発生する可能性があります。下肢静脈瘤は女性を中心に患者の増加が見込まれますが数種類の分類があるので、診断に基づく最適な治療を受けることが大切です。

詳細へ